志望動機

志望動機の例文を集めてみました。転職、新卒の就職活動で履歴書に書く志望動機例文集!志望動機の正しい書き方、ネタの見つけ方など
,

スポンサーサイト

やらないと損?就活エージェントが無料です

新サービス!就活のプロによるマンツーマンサポートで内定まで一直線!



上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


このエントリーをはてなブックマークに追加

転職の志望動機で悩んでいる方へ

やらないと損?就活エージェントが無料です

新サービス!就活のプロによるマンツーマンサポートで内定まで一直線!



今回は転職の志望動機で悩んでいる方のためトピックです。

ちょっと長くなりそうなので1,転職の志望動機の現実 2、お悩み解決策の提案と補足 3、解決策を120%活用する方法と3部構成にしようと思います。

ではまず1、転職の志望動機の現実です。

転職の際の志望動機は新卒とは違い「早く戦力になってほしい」という期待があります。
そのため

「以前の職場でどのような仕事をしていたか」
・「それをどのように活かすか」
・「何故以前の会社を退職したのか」


という部分を人事担当者は注目しています。

◆他人の志望動機は参考にならない。

転職の場合、一人一人の状況に応じて面接官を納得させる志望動機というのは微妙に違ってきます。
なので、インターネットなどで「転職のための志望動機の例文」を見てもあまり意味はありません。

一人一人の以前の仕事やこれからの希望などから転職のための
オリジナルの強い志望動機を作成していく必要があります。

◆志望動機に客観性が無い

志望動機とはあなたの「心の動き」を現すものです。あなたの心の中にあると言えます。

それを文章や言葉にして、採用担当者に分かりやすく伝える必要があります。

そのため、あなた一人が納得していても意味がありません。
志望動機に客観性を持たせることが非常に大事です。

これができていない応募者は書類審査がなかなか通りません。実はそういう方は非常に多いのが現実です。

◆期待できそうな志望動機を話す人は少ない

日ごろ面接をしていて分かるのですが、面接官を納得させる志望動機や期待感を高めるような志望動機というのを話す方は滅多にいません

特に「何故、退職したのか」「以前の経験をどのように活かすのか」という部分が関連性がなく説得力に欠ける方が圧倒的に多いです。

それだけ、志望動機というのは難しく、人事担当者もシビアに見ています。

ただ、採用担当を納得させ、未来が期待できそうな応募者は高い確率で採用まで至っている事も確かです。

◆じゃあどうすればいいのか?

ここまで転職の志望動機は大変だとお伝えしてきましたが、ここから解決策を提案していきます。

2部⇒転職の志望動機お悩み解決策と注意点

このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーサイト

◆新卒専用トピック

内定に「グッと」近づく!最強の志望動機プレゼント!
 ⇒新卒向け!最強の志望動機とは?


知らないでは済まされない!内定獲得のための就活術
 ⇒現役面接官が語る。内定獲得講座


◆転職の志望動機で「失敗したくない」方、「悩んでいる」方は必読!

 ◆ブラック企業に転職してしまうのを絶対に避けるために・・・
 ⇒ブラック企業に転職しないための2つの秘訣!人事部(当ブログ管理人)が語る!

 

 ◆現役人事部が語る。「転職の志望動機」で悩まないためには?
 ⇒転職の志望動機で悩んでいる方へ

 
Page Top↑
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。